目元パッチリカラーコンタクトレンズ

カラーコンタクトレンズを装着することが浸透し、芸能人などが行う特別なことではなくなりました。女性の間でファッションアイテムとして定番の存在になったことから、毎日装着して仕事や学校に行っている方も多いでしょう。メイクにおける下着のような認識がなされており、無いと恥ずかしくて外に出られない!という方もいます。カラーコンタクトレンズには瞳の色を変える機能がありますが、目元をパッチリさせるのは色が変わっているからではありません。女性の瞳は理想的な黒目と白目の比率があり、目の中でほぼ同じ割合で黒目と白目が見えるのが美しいとされています。黒目の部分を大きくし、その比率に近づけます。また白目と黒目の境をはっきりとさせることで、瞳の印象をより強くしています。

1日使い捨てタイプを選ぶのがオススメ

レンズショップや通販では様々なタイプの商品が販売されています。ファッションとしての楽しみ方は、気に入った色のものをずっと使い続けることだけではありません。1日使い捨てタイプのものを数種類揃えることで、仕事や学校などオンの日に使用できるもの、休日にも使用できるものといった使い分けが可能になります。色や模様についてもフォーマルなものから派手なものまでありますので、休日には思い切った色を付けてみるのも良いでしょう。また1日使い捨てタイプはケアを行う必要がなく、帰宅後やメイクオフの時に捨てるだけで済みますから、手間やケア用品の費用を考えるととても合理的と言えます。但し、商品ごとにベースカーブが異なりますので、普段使っているものと同じ数値を選ぶようにしましょう。違う数値のものは異物感が発生しやすくなります。

処方箋は必要ありませんが…眼科医の受診を

カラーコンタクトレンズは購入に際して必ずしも処方箋が必要ではありません。通販や一部の店舗では眼科医を受診する費用がかからないことを売りにしていますが、初めて使用する場合は眼科医を受診しておくべきです。目の質が弱い方の中にはカラーコンタクトレンズが使用できない方もいますし、正しく使用されないことで一般のレンズと同様に眼病が発生するリスクがあります。処方箋の有効期限は受診から半年間とされ、消耗品であることから処方箋を必要としない店舗で購入するのはお得ではありますが、定期的に眼科医を受診するようにしましょう。目の異常の多くは自覚症状が出ている時点でかなり進行しています。異常の発生を早く見つけることで早く治療できるのが最大のメリットです。正しく安全に使用することで、素敵なファッションアイテムとなるでしょう。