自分に合ったコンタクトレンズを見つける方法

視力が低下したときは、そのまま日常生活を送っていると、生活に支障が出ることがあるので、視力を矯正しなければいけません。眼鏡は手軽に利用することができますが、オシャレやメイクを楽しみたい、スポーツをするときに不便だ、などの理由からコンタクトレンズを利用する人も少なくはありません。レンズを使用するときに重要なことは、自分に合ったレンズを見つけるということです。しかし、初めてレンズを利用するときは、どのようなポイントを考慮して選べば良いのか分からないという人も多いのではないでしょうか。誤った方法でレンズを選ぶと目に悪影響が及ぶことがあるのでレンズを選ぶときには、慎重に選ばなければいけません。ここでは、自分に合ったレンズを見つける方法を紹介します。

自分に合う種類のレンズを選ぼう

コンタクトレンズと一言で言っても、レンズにはいくつかの種類があります。レンズの種類は、大きく分けると、ハードレンズ、ソフトレンズ、使い捨てレンズがあります。それぞれのレンズの違いは、ハードレンズは、特殊なプラスティックでできているので、目にかかる負担は少ないのですが、レンズが固いので、慣れるまでは違和感を抱くことがあります。ソフトレンズは、水分を含んだプラスティックやシリコンでできているので、柔らかく、違和感を抱くことは少ないと言われています。使い捨てレンズは、試用期間が決まっているレンズです。頻繁に取り替えるので、費用がかかりますが、1dayを使用するときは、毎回新しいレンズに変えるので清潔に安全に使用することができます。それぞれの特徴を考慮して自分に合うレンズを選びましょう。

眼科の検診を受けてレンズを選ぼう

最近は、ドラッグストアやインターネットなどで手軽にコンタクトレンズを購入することができるようになりました。しかし、初めてコンタクトレンズを利用するときは、まず、眼科に行き、目の状態を診てもらい、自分の目に合うレンズを選んでもらわなければいけません。自分の目に合うレンズを選ばなければ、後に目のトラブルが起こる可能性もあるので注意が必要です。また、レンズの使用を始めてからも、定期的に目に異常がないか眼科で検診を受けることが勧められています。ドラッグストアやインターネットでレンズを購入するときは、処方箋が必要になることがほとんどです。処方箋は眼科で出してもらうようになっているので、きちんと眼科に行き、処方箋をもらってから購入するようにしなければいけません。